ゲーム実況用パソコン完全解説 おすすめの最適スペックガイド

目次

ゲーム実況用パソコンとは

ゲーム実況用パソコンとは

ゲーム実況に最適なパソコンの基本スペック

ゲーム実況に最適なパソコンの基本スペックに着目する際、重要となるはプロセッサの能力、グラフィックカードの性能、そしてメモリとストレージの適量です。

最先端のゲームをスムーズに実行しつつ、高画質での配信を行うためには、少なくともクアッドコアのプロセッサが必要不可欠であり、インテルのCore i7やAMDのRyzen 7以上が望ましいでしょう。

グラフィックカードに目を向けると、NVIDIAのGeForce RTX シリーズやAMDのRadeon RX シリーズなどが好まれます。

これらは高解像度でのゲームに加え、生配信のエンコーディング作業も効率よく処理できる力を持ち合わせています。

メモリに関しては最低16GBを推奨しますが、より多くのアプリケーションを同時に扱い、多層的な作業を快適に遂行するためには32GBを検討するのが賢明です。

ストレージは、高速のSSDが起動速度やゲームのロード時間を大幅に短縮し、効率の良い実況環境を作り出します。

また、ゲームファイルや録画データの蓄積により必要となるストレージ容量は1TB以上と見積もることができ、さらに追加のハードドライブや外部ストレージの利用も視野に入れておくと良いでしょう。

以上のスペックを備えたパソコンでは、現代のゲーム実況において要求される多元的な役割を果たすことができ、ストリーミングの品質を落とすことなく、鮮明かつ快適なゲーミング体験を視聴者に提供することが可能です。

パフォーマンスと快適さを高次元でバランスさせた実況用パソコンは、コンテンツクリエーターとしての魅力を高め、より多くのフォロワーを獲得するための確かな投資となるでしょう。


クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AC

速攻で勝利を掴め!エッセンシャル・グレードのゲーミングPC
バランスが鍵!マスタークラフトクラスのRTX4070 SuperとアドバンスドCore i5の至高のコンビ
RGBで光る、戦闘基地。Corsair 5000Xでスタイリッシュにバトルへ
野心家たちへ、最新Core i5で、常に一歩先へ

【ZEFT Z48AC スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

ゲームを制覇する性能のマシン、見た目にこだわるミドルレンジの選択肢
高速メモリ64GBと1TB SSDで理想的なパフォーマンスバランスを実現
クリアパネルの白いミドルタワー、スタイリッシュさと視認性が魅力のケース
最新Core i9でプロセスを駆る、表現力豊かなクリエイティブマシン

【ZEFT Z45BHW スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ Deepcool製 水冷CPUクーラー LS720 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

進化したパフォーマンス、アドバンスドゲーミングPC
抜群のグラフィックと最速のメモリ?ハーモナイズの実現
クリアパネルで見せる洗練、スタイリッシュなミドルタワーケース
Core i7の速さが味方に、没入型ゲーム体験を実現

【ZEFT Z47AW スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

アルティメットゲーム体験を創出するスーペリアバジェットマシン
速度と美しさのバランスを極めたスペック、ゲームの世界を快適に支配
見せる喜び、Corsairの透明パネルが際立つモダンデザインケース
力強いパフォーマンス、最新のCore i5で作業もプレイもスムーズに

【ZEFT Z47GL スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

ストリーミングの要求とシステムパフォーマンス

ストリーミングによるゲーム実況は、視聴者に対してスムーズなエンターテイメント体験を提供するため、強力なシステムパフォーマンスを要求します。

ゲームプレイの品質と同時に実況映像も処理しなければならないため、パソコンには複数のタスクを同時進行できる堅牢な設計が求められます。

特に、CPUはゲームとストリーミングソフトウェアの両方を処理する上で中心的な役割を果たし、高いマルチスレッド性能が重要です。

また、GPUはゲームのグラフィックを高解像度で滑らかに表示すると共に、エンコードの効率化にも影響を与えます。

さらに、メモリも無視できない要素で、十分な容量があればゲームとストリーミングのデータを同時に処理できるため、快適な実況体験をサポートします。

ストレージについては、速度の速いSSDを採用することで、読み書き速度の向上とゲームのローディング時間の短縮が期待できます。

そして、これらのコンポーネントが高効率で動作するように、冷却システムも最適化されている必要があります。

高熱が発生する実況環境下では、適切な冷却がパフォーマンス低下を防ぎ、安定した動作を持続させます。

以上のような要素を総合して考えたとき、ゲーム実況用パソコンはただ単にスペックが高いだけでなく、それぞれのパーツが連携し、持続的に高パフォーマンスを発揮できる構成であることが不可欠です。

実況者が視聴者に快適なストリーミング体験を提供するためには、ゲームのプレイのみならず、エンコーディングやストリーミングのための強力なハードウェアが必須となるのです。

初心者と上級者のパソコン選びの違い

ゲーム実況に使用するパソコン選びにおいて、初心者と上級者では、求めるスペックや機能に対する認識が大きく異なります。

初心者の場合、まずは安定してゲームを動かしながら快適に配信できるレベルのパフォーマンスを重視する傾向にあります。

具体的に言えば、マルチコアCPU、中程度のグラフィックカード、十分なメモリ容量が重視されることが多いですが、最新かつ高価なコンポーネントに投資する必要は必ずしもありません。

一方、上級者は、高解像度の配信、同時に複数の作業をこなすマルチタスク性能やエンコーディングの速度など、より細分化されたニーズに応えるための高性能なパーツ選びに注力します。

例えば、トップレベルのGPU、最新のCPU、高速なSSDの組み合わせが挙げられます。

これによって、配信の質を極限まで高め、視聴者により高い体験を提供することができるのです。

さらに、上級者はストリーミングの品質向上のために、カスタムウォータークーリングシステムやサウンドカードにも注意を払い、専用の配信ソフトウェアやプラグインの導入を検討することで、視聴者に印象深いコンテンツを提供していくことが可能になります。

これは、初心者が最初には考えないかもしれませんが、実況プレイヤーとして成長するにつれて重要になってくる要素です。

総じて、初心者はコストパフォーマンスを、上級者はカスタマイズ性や拡張性を重要視することが一般的で、それぞれのニーズに合ったパソコン選びが求められるわけです。

ゲーム実況用パソコン選びは、ユーザーの経験や目的に応じた柔軟なアプローチが必要とされているのが現状なのです。

ゲーム実況に適したCPU選びのポイント

ゲーム実況に適したCPU選びのポイント

高性能CPUのメリットと価格帯

ゲーム実況に最適なCPUを選ぶ際には、まず高性能さが求められます。

CPUが強力であれば、ソフトウェアやゲームエンジンの複雑な計算処理をスムーズに行うことができ、ライブストリーミング時にも安定したパフォーマンスを発揮するため、視聴体験の品質が格段に向上します。

特に、多くのコアと高いクロックスピードを有するCPUは、複数のタスクを同時に処理するマルチタスキング能力が高く、ゲーム実況においてはゲームプレイと配信ソフトウェアを同時に快適に動作させることが求められます。

そのため、少々価格が高くても、将来的な拡張性や耐久性を考え、余裕を持った性能のCPUを選ぶことが長期的な視点で見て非常に賢明な選択です。

高性能CPUの価格帯は幅広く、一般的な使用で十分なミドルレンジのものから、プロレベルの実況配信を目指すユーザーに向けたハイエンドモデルまで存在します。

価格が高くなるほどに性能は向上しますが、予算内で最高のパフォーマンスを求める場合には、コストパフォーマンスも重要な判断材料となります。

ゲーム実況者が目指す品質や、使用するソフトウェア、予算に応じた最適なCPUを選択することにより、ストリーミングの質を高め、視聴者にとって快適なストリーミング体験を提供することが可能です。

高い投資を行うことにより得られる利益は、視聴者の忠誠心の向上と、最終的なチャンネルの成長に繋がることを忘れるべきではありません。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41308 2338 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41308 2338 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38765 2060 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38689 2031 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35671 2215 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35671 2215 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33914 2189 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33914 2189 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32683 2084 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32683 2084 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29388 2022 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28985 1953 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27159 2027 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24752 2085 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24752 2085 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22176 1933 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20456 1998 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19594 1921 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16119 1763 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16119 1763 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15357 1965 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9116 1732 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9116 1732 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ゲーミングとマルチタスクに最適なCPUモデル

ゲーム実況においてCPUの選定は非常に重要です。

高いパフォーマンスが要求されるゲーミングと、同時に行うストリーミングや録画といったマルチタスク処理能力が求められます。

例えば、IntelのCore i7やi9シリーズ、AMDのRyzen 7やRyzen 9シリーズは、強力なマルチコアとハイスレッドを持っており、複数のタスクを同時にこなすのに適しています。

特にゲーム実況では、ゲームプレイに影響を与えずに高品質なストリーミングが可能なプロセッサが要求されます。

これらのCPUは、ゲームの負荷が高い場面でも安定して動作し、視聴者に快適な視聴経験を提供することができます。

さらに重要なのは、これらのCPUが将来的にも対応できるような進化し続けるゲームとソフトウェアの要求にも適応できるという点です。

そうした拡張性と、長時間の使用にも耐えうる耐久性を持ち合わせているため、ゲーム実況を長期にわたって行いたい場合には、これらの高性能モデルを選択することが望ましいでしょう。

その際、CPUのコア数とクロック速度にも注目する必要があります。

コア数が多いほど、複数のプロセスを同時に処理する能力が高くなりますし、クロック速度が高いほど一つ一つの処理が早くなります。

ゲーム実況ではこの両方が、ゲームプレイのスムーズさと高解像度ストリーミングの両立に寄与します。

そのため、少なくとも6コア以上のCPUを選び、高いクロック速度を有するモデルを目指すべきです。

これにより、実況者は快適なゲーミング環境と共に、視聴者にとっても高品質なコンテンツ提供が可能になります。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AC

速攻で勝利を掴め!エッセンシャル・グレードのゲーミングPC
バランスが鍵!マスタークラフトクラスのRTX4070 SuperとアドバンスドCore i5の至高のコンビ
RGBで光る、戦闘基地。Corsair 5000Xでスタイリッシュにバトルへ
野心家たちへ、最新Core i5で、常に一歩先へ

【ZEFT Z48AC スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

ゲームを制覇する性能のマシン、見た目にこだわるミドルレンジの選択肢
高速メモリ64GBと1TB SSDで理想的なパフォーマンスバランスを実現
クリアパネルの白いミドルタワー、スタイリッシュさと視認性が魅力のケース
最新Core i9でプロセスを駆る、表現力豊かなクリエイティブマシン

【ZEFT Z45BHW スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ Deepcool製 水冷CPUクーラー LS720 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

進化したパフォーマンス、アドバンスドゲーミングPC
抜群のグラフィックと最速のメモリ?ハーモナイズの実現
クリアパネルで見せる洗練、スタイリッシュなミドルタワーケース
Core i7の速さが味方に、没入型ゲーム体験を実現

【ZEFT Z47AW スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

アルティメットゲーム体験を創出するスーペリアバジェットマシン
速度と美しさのバランスを極めたスペック、ゲームの世界を快適に支配
見せる喜び、Corsairの透明パネルが際立つモダンデザインケース
力強いパフォーマンス、最新のCore i5で作業もプレイもスムーズに

【ZEFT Z47GL スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

重要なグラフィックス性能

重要なグラフィックス性能

グラフィックスカードの選び方

ゲーム実況に必要不可欠なグラフィックスカードの選び方について解説しますが、高品質な映像をストリーミングするには、まずカードの性能が鍵となります。

入手可能なモデルは多岐にわたり、価格帯もピンからキリまで幅広いですが、ゲーム実況用途では特にフレームレートと解像度に注目することが肝心です。

最新のゲームを1080pのフルHDで60FPS以上で配信したい場合、NVIDIAのGeForce RTX4060やAMDのRadeon RX 7600 XTが最低ラインとして求められる性能を提供します。

さらに4K配信を目指す場合には、GeForce RTX4080やRadeon RX 7800 XTなど高性能なグラフィックスカードが必要です。

また、ゲーム実況ではエンコード作業が発生するため、これに対応する機能を持つカードを選ぶことも大切です。

こちらもNVIDIAのカードであればNVENC、AMDのカードであればVCEがそれに該当する機能です。

さらに、ゲームをプレイしながら同時にストリーミングを行うため、グラフィックスカードがマルチタスクに対応しているかも重要なポイントです。

これには十分なVRAM(ビデオメモリ)が必要で、現在のゲーム実況では8GB以上のVRAMを搭載したカードが好ましいとされています。

また、将来的なゲームの進化にも柔軟に対応できるよう、拡張性のあるカードを選択することも賢明な選択です。

最適なグラフィックスカードを選ぶ際は、これらのポイントを踏まえつつ、予算や実際に楽しみたいゲームの要求スペックを考慮に入れ、自分のニーズに最も合ったものを見極める必要があります。

幸い、ゲーマーや実況者のコミュニティは情報交換が盛んですので、購入前にレビューや掲示板を参考に具体的なモデルの選定を行うと良いでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36314 73458 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30198 72759 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29241 67716 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26266 66902 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23818 55145 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20000 50025 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19308 50667 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18036 45469 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17053 42065 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13510 34298 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13509 34743 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13393 34117 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12510 30107 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10866 31455 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10694 28326 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10685 27254 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7363 19444 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6295 15898 130W 公式 価格

最新ゲームを快適にプレイするGPU

ゲーム実況用パソコンの心臓部とも言われるGPU、つまりグラフィックス処理ユニットは、最新のゲームを快適にプレイし、視聴者に高品質な映像を提供する上で欠かせません。

高解像度や高フレームレートをキープしつつ、多岐に渡るゲーム内のグラフィックス設定を最大限に活かすには、性能の高いGPUが必須であると言えるでしょう。

例えば、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズが、ゲーム実況における主流の選択肢となっています。

これらの最新GPUは、リアルタイムでのレイトレーシングやAIによる画像のシャープニングなど、今日のゲームが要求する多様な技術をサポートしています。

さらに、ゲームの映像を高品質でエンコードし、ストリーミング配信することも重視されるべき点です。

GPUに内蔵された専用エンコーダーは、CPUに負担をかけることなく、この作業を効率的に行うことが可能です。

その結果、ゲーム実況を行いながらも高いパフォーマンスを維持することができるのです。

また、マルチモニターでのゲーム実況を考える際には、複数の出力ポートを持つGPUを選ぶことも忘れてはなりません。

これにより、ゲーム画面、チャット画面、ストリーミングソフトウェアの画面を別々に表示できるため、効果的な実況環境を構築することができます。

このように、ゲーム実況に適したパソコンを組む際は、最新のGPUを選択し、その特長を理解することが非常に大切なのです。

高性能なGPUを搭載していれば、迫力のあるグラフィックスとスムーズなゲームプレイを実現し、視聴者を虜にするゲーム実況が可能になるでしょう。

ゲーム実況用パソコンのメモリーとストレージ

ゲーム実況用パソコンのメモリーとストレージ

適切なメモリー容量と種類

ゲーム実況用パソコンにおいてメモリーの容量は臨機応変な動作と快適な体験を提供するために極めて重要です。

現代のゲームは複雑化が進んでおり、メモリを多く要求するため、最低でも16GBのRAMは検討すべきポイントとなります。

さらに究極の快適さを追求するゲーマーや、複数のアプリケーションを同時に利用する高度な実況を目指す場合には、32GB以上のメモリを選択肢に入れることで、余裕を持ったパフォーマンスが期待できます。

また、メモリの種類に関しては、DDR4やDDR5など最新のスタンダードに対応したモジュールが望ましいでしょう。

これらは高速なデータ転送率を実現し、ゲームのロード時間の短縮や、アプリケーション間のスムーズな切り替えをサポートします。

特にDDR5は次世代のメモリ規格として注目されており、将来的にも対応ソフトウェアやゲームが拡大していくことが予想されるため、コストパフォーマンスと将来性を考慮した上での選択が必要です。

重要なのは、メモリのグレードを選ぶ際に、現在プレイしているゲームの要件はもちろん、ストリーミングソフトの使用や今後のアップグレードの余地を考慮した上で、選択を行うことです。

一方でストレージについては、ゲームと録画データを同時に扱うための高速な読み書き速度が要求され、SSDの使用はほぼ必須と言えます。

ゲームのインストールや実況データの保存にはそれぞれ適した容量を確保する必要がありますが、少なくとも512GBのSSDは元より、より大きなサイズとして1TBのSSDの検討も推奨されます。

これにより、ストレスなく実況を行いつつ、常に快適なゲーム環境を組み立てることができるでしょう。


クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AC

速攻で勝利を掴め!エッセンシャル・グレードのゲーミングPC
バランスが鍵!マスタークラフトクラスのRTX4070 SuperとアドバンスドCore i5の至高のコンビ
RGBで光る、戦闘基地。Corsair 5000Xでスタイリッシュにバトルへ
野心家たちへ、最新Core i5で、常に一歩先へ

【ZEFT Z48AC スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

ゲームを制覇する性能のマシン、見た目にこだわるミドルレンジの選択肢
高速メモリ64GBと1TB SSDで理想的なパフォーマンスバランスを実現
クリアパネルの白いミドルタワー、スタイリッシュさと視認性が魅力のケース
最新Core i9でプロセスを駆る、表現力豊かなクリエイティブマシン

【ZEFT Z45BHW スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ Deepcool製 水冷CPUクーラー LS720 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BHW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

進化したパフォーマンス、アドバンスドゲーミングPC
抜群のグラフィックと最速のメモリ?ハーモナイズの実現
クリアパネルで見せる洗練、スタイリッシュなミドルタワーケース
Core i7の速さが味方に、没入型ゲーム体験を実現

【ZEFT Z47AW スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

アルティメットゲーム体験を創出するスーペリアバジェットマシン
速度と美しさのバランスを極めたスペック、ゲームの世界を快適に支配
見せる喜び、Corsairの透明パネルが際立つモダンデザインケース
力強いパフォーマンス、最新のCore i5で作業もプレイもスムーズに

【ZEFT Z47GL スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47GL

ストレージの速度が実況に与える影響

ストレージの速度が実況に与える影響というテーマにおいて、特にゲーム実況者にとっては、なめらかで品質の高い映像をリアルタイムで視聴者に届けることが求められます。

そのため、ストレージが果たす役割は非常に重要です。

例えば、SSD(ソリッドステートドライブ)を使用することにより、ゲームデータの読み込み速度が向上し、ローディング時間が短縮されます。

ゲーム実況では、ゲームプレイはもちろんのこと、配信ソフトウェアも同時に多大なデータを扱うため、高速ストレージはラグを防ぎ、滑らかな実況を実現します。

加えて、複数のアプリケーションやタスクを同時に扱うマルチタスキング環境においても、ストレージの速度は直接的にシステム全体のレスポンスやパフォーマンスに影響を及ぼし、ストレスのない環境を提供します。

高速ストレージのもう一つの利点は、録画したゲーム映像の保存時です。

特に大容量の高解像度データを扱うことが多い実況映像は、書き込み速度が速いほど、効率よくデータを保存することができます。

これにより、実況終了後の編集作業もずっとスムーズになるだけでなく、視聴者に対する迅速な動画のアップロードが可能となります。

以上から、ゲーム実況用パソコンを選ぶ際には、ストレージの速度を重視することが、プロフェッショナルな実況配信を行う上で欠かせない要素であると言えます。

ストレージの品質は実況の品質を左右し、視聴者に対する印象も大きく変えるため、この部分に関しては妥協せずに最適な選択をすることが推奨されます。

冷却システムの重要性

冷却システムの重要性

安定したパフォーマンスを支える冷却方法

ゲーム実況では高い処理能力を要求されるため、パソコンの熱管理は非常に重要です。

長時間にわたるストリーミングや高度なグラフィック設定でのプレイ中には、パソコン内部の温度が急激に上昇することがあります。

冷却システムが不十分だと、パフォーマンスの低下を招いたり、最悪の場合はハードウェアの故障につながる可能性があります。

そのため、冷却システムの整備は、安定したパフォーマンスを長時間持続させるために不可欠です。

例えば、空冷はファンを使用して熱を外に逃がす手軽で一般的な方法ですが、高性能なパソコンではしばしばその限界に直面します。

それに対して、水冷システムは液体の循環によって熱を効率的に移動させ、静音性にも優れているため、特にゲーム実況においては推奨される選択肢の一つです。

加えて、ケースのデザインが冷却パフォーマンスに直結することも認識しておく必要があります。

良好なエアフローを実現するためには、適切なファン配置や十分な排気口が確保されているかを確かめることが重要です。

これにより、熱気がケース内に滞留することなく、スムーズに外部へ排出され、効果的な冷却が達成されます。

総じて、冷却システムの選択と管理は、ゲーム実況用パソコンにおいて、コンテンツの品質を維持し、機材を守るために欠かせない要素です。

適切な冷却手段を施すことで、パフォーマンスの維持はもちろん、長期にわたる安定運用が可能となり、快適なゲーム実況ライフを実現できるでしょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

オーバークロックに向けた冷却システム

オーバークロックとは、パソコンのプロセッサーやグラフィックカードの動作速度を標準設定よりも高速化する技術ですが、一方で熱の問題を引き起こしやすくなります。

したがって、ゲーム実況を行う上で高いパフォーマンスを得るためにオーバークロックを実施する際は、適切な冷却システムが不可欠となります。

性能が向上すればするほど発熱量も増大し、これを放置すればシステムの安定性が損なわれるだけでなく、ハードウェアの損傷や寿命を縮める原因ともなりえます。

効果的な冷却システムには、エアクーリングとウォータークーリングの2種類があります。

一般的にエアクーリングはファンを使用し、空気の流れで熱を逃がします。

対してウォータークーリングは液体の循環により、熱をコンポーネントから効率よく移動させ、冷却を行います。

ウォータークーリングはエアクーリングに比べて強力であり、オーバークロックによって性能を最大限引き出すためには特に望ましい選択肢といえます。

熱を管理するための冷却システムは、ゲーム実況で要求される非常に高いパフォーマンスを持続させるためには、ただのオプションではなく必須の要素です。

丁寧な選択と設定を行なうことで、ゲーム実況用パソコンは長時間の使用にも耐えることができ、安定した映像とオーディオの配信を実現することが可能となります。

こうした細部にまで心を配ることが、快適なゲーム実況体験をサポートする鍵です。

必要な周辺機器と接続ポート

必要な周辺機器と接続ポート

複数画面のセットアップとインターフェイス

ゲーム実況を快適に行うためには、複数画面のセットアップが効率上昇の鍵を握ります。

主にゲームプレイ用のメインモニターと、チャットやストリーミングソフトを表示するサブモニターを用意することで、画面切り替えの手間が省け、視聴者とのコミュニケーションもスムーズになります。

重要なのは、これらのモニターを接続するためのインターフェイスであり、モニターごとにHDMI、DisplayPort、DVI、VGAなど様々なポートが存在しますが、現在ではHDMIとDisplayPortが主流です。

複数モニターを構成する際には、それぞれの画面解像度やリフレッシュレートが異なることを考慮しておく必要があります。

例えば、ゲームプレイには高リフレッシュレートを持つメインモニターを用い、サブモニターにはリフレッシュレートが低くても良いモデルを選ぶなど、用途に合わせた落とし込みが必要です。

また、PC内のグラフィックカードが複数のモニターをサポートしているかどうか、必要十分な出力ポートを持っているかも確認が必要です。

さらに、ストリーミングを行う際にはゲーム画面をキャプチャするキャプチャーカードが要となります。

これにより、ゲームの映像を高品質で視聴者に届けることが可能になります。

この際、USBインターフェイスを使用する外付け型や、PCIeスロットに挿入する内蔵型が選択肢として挙げられますが、レイテンシや取り付け易さなど、それぞれの特長を考慮に入れて選びましょう。

こうして、慎重な周辺機器とポート選びにより、ゲーム実況者は快適な配信環境を構築し、視聴者に対してより一層魅力的なコンテンツを提供することができるでしょう。

ゲーム実況に便利な周辺機器の選び方

ゲーム実況に便利な周辺機器の選び方は、快適なパフォーマンスと視聴者との円滑な交流を実現するための重要なステップです。

まず考えるべきは高品質なマイクロフォンです。

クリアでノイズの少ない音声は視聴体験を劇的に向上させるため、指向性が調節可能で環境音を最小限に抑えることができるモデルが望ましいです。

次に、カメラの選択では解像度とフレームレートが鍵となります。

視聴者に鮮明な画像を提供できる1080p以上の解像度が理想的であり、滑らかな映像のためには最低でも30fps以上のフレームレートが必要です。

また、ゲーム実況では画面内に顔を表示することが多いため、自分の顔を適切にフレーム内に収めることができる広角レンズを備えたウェブカメラが好ましいです。

さらに、ストリームの品質はサウンドカードにも依存します。

ゲームのサウンドトラックや効果音をクリアに出力し、視聴者に最高のオーディオ体験を提供するためには、高性能な外部サウンドカードを選ぶことが重要です。

最後に、快適な実況体験に必須となるのがストリーミングインターフェイスです。

特にUSBポートの豊富なモデルを選び、複数のデバイスを同時に接続する柔軟性を確保することが望まれます。

高速なデータ転送を支えるUSB 3.0やそれ以上の規格への対応が理想的で、実況中に生じる可能性のあるデータの遅延を避けられます。

これらの要素を踏まえて周辺機器を選ぶことで、ゲーム実況の質を高め、視聴者に満足いただけるストリーミング環境を整えることができます。

ゲーム実況用パソコンの音声機能

ゲーム実況用パソコンの音声機能

クリアな音声録音のためのサウンドカード選び

ゲーム実況を行う際には、映像だけでなく音声のクオリティも視聴者の体験を大きく左右します。

特にライブ配信などのリアルタイム交流を重視する場合、クリアな音声録音が不可欠となるため、適切なサウンドカード選びが求められています。

ゲーム実況用パソコンに内蔵されているオンボードサウンドも基本的な性能を有していますが、より洗練された音質を追求するならば高品質な外部サウンドカードが強い味方です。

サウンドカードの選択において重要となるのは、ノイズの少ないクリアな録音を実現するためのSNR(Signal to Noise Ratio)値です。

高いSNR値を持つサウンドカードは、周囲のノイズを抑え、純粋な音声を捉えることができます。

また、オーディオインタフェースと呼ばれる機器を導入することで、マイクや楽器など様々な音声入力ソースを直接パソコンへ高品質に転送することが可能です。

さらに、サウンドカードのASIO(Audio Stream Input/Output)対応は、低遅延で音声を処理する際に必要な要素です。

実況プレイにおいて遅延は致命的であり、ASIO対応のサウンドカードはこれを最小限に抑え、快適な録音環境を提供してくれます。

もちろん、このような専門的な機能を持つサウンドカードは、設定や使用方法がやや複雑になる場合がありますが、その分カスタマイズ性に富んでおり、細やかな音質調整が行えるという利点もあります。

最終的には、本格的にゲーム実況を行いたい方は、専用のサウンドカードを選定することで聴覚に訴える鮮明なオーディオ体験を視聴者に提供できるでしょう。

これにより、映像と合わせた高品質なコンテンツ制作が可能となり、視聴者を惹きつけるゲーム実況が実現します。

適切なサウンドカードを選ぶことは、圧倒的なプレゼンスを放つゲーム実況を目指す上で、避けては通れない重要なステップなのです。

ストリーミング向けマイクとヘッドセット

ゲーム実況では、クリアな音質と聴覚的快適さを兼ね備えたオーディオ装備が不可欠です。

ストリーミングに特化したマイクは、細かい音声調整が可能で、環境ノイズを抑制しつつ実況者の声を前面に押し出す力を持ちます。

このようなマイクは、感度範囲が広く、多彩な声のトーンや小さな息遣いまで捉えることができるため、視聴者との一体感を創出する上で重要な役割を果たします。

一方、ヘッドセットは、長時間のゲーム実況においても疲れ知らずの快適な装着感が求められます。

質の高いヘッドセットは、耳を圧迫せず、かつ適度な重さで安定したフィット感を提供することで、ゲームプレイに集中できる環境を生み出します。

また、専用のソフトウェアを通じてサウンドプロファイルの調節が可能なモデルもあり、自分の好みや実況するゲームのジャンルに合わせた音質の微調整が行えるのです。

実況者は自身の声が鮮明に聞こえることを確認しながら、同時にゲームのサウンドエフェクトやBGMもバランス良く配信したいものです。

高性能なオーディオ機器は実況のプロフェッショナリズムを象徴し、視聴者を惹きつけるアセットとなり得るのです。

そうして選び抜かれた音声機能と機材が、魅力的なゲーム実況を支え、配信するコンテンツの質を大いに高めることでしょう。


ネットワーク環境とパソコンの関係

ネットワーク環境とパソコンの関係

安定したインターネット接続の重要性

ゲーム実況を行う上で、安定したインターネット接続は不可欠です。

高画質でスムーズなストリーミングを達成し、視聴者に快適なエンターテイメントを提供するためには、途切れのないデータの流れを確保する必要があります。

実況中に起こる一時的なネット切れや遅延は、視聴者の体験を台無しにし、ファン離れの原因ともなり得ます。

ストリーマーがパフォーマンスを最大限に発揮するためには、優れたネットワーク環境が支えとなります。

速度はもとより、低ピン(低遅延)を維持することで、ゲームの操作感と実況のリアルタイム感が格段に向上します。

この重要さを踏まえつつ、パソコンの選択にも目を向けなければなりません。

ストリーミングで最高の品質を提供するためには、パソコンのネットワークインターフェースカード(NIC)が高速なデータ転送速度をサポートできる必要があります。

また、信頼性の高い無線LANアダプタや、より安定した接続のための有線LANポートの備えも望ましい点です。

ゲーム実況用のパソコンでは、このようなネットワーク機能が快適な実況活動を後押しし、視聴者との強いつながりを作るための鍵となるのです。

有線接続と無線接続のメリットとデメリット

ゲーム実況を行う際には、安定したインターネット接続が必要不可欠です。

ゲームプレイのライブストリーミングや動画のアップロードにおいて、有線接続はその安定性から多くの実況者に推奨されています。

有線接続の最大のメリットは、速度の低下や接続の断絶が少ない点にあります。

また、干渉を受けにくいため、ストリーミング中における画質や応答速度の低下を回避できるという利点もあります。

一方で、有線接続のデメリットとしては、ケーブルを引く必要があるため設置場所が限られたり、配線が煩雑になったりすることがあります。

さらに、一度設置したらその場所に固定されるため、柔軟なレイアウト変更が難しくなる点も挙げられます。

無線接続に目を向けると、場所を選ばずに接続できる柔軟性が最大の魅力です。

配線の必要がないため、パソコンの設置やレイアウト変更も容易に行えます。

しかし、無線接続は周囲の電波状況に大きく左右されるため、安定した通信を保つのが難しい場合もあります。

特に他の無線機器との干渉や、壁などの障害物が信号を遮ると、速度が不安定になったり一時的に接続が途切れたりすることが起こり得ます。

これはゲーム実況においては致命的であり、視聴者のストリーミング体験に悪影響を与えかねません。

ゲーム実況をするパソコンを選ぶときは、これらのネットワーク環境におけるメリットとデメリットを考慮し、自身の実況スタイルや環境に適した選択を行うことが重要です。

実況性能の高いストリーミングを求めるなら、やはり有線接続を選択する方が望ましいでしょう。

しかし、自由度と移動性を優先させるなら無線接続の利便性も見逃せません。

それぞれの環境を知り、最適な選択をすることがゲーム実況用パソコンの鍵となるでしょう。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

ゲーム実況用パソコンの組立とカスタマイズ

ゲーム実況用パソコンの組立とカスタマイズ

自作とプレビルドパソコンの比較

ゲーム実況に最適なパソコンを選ぶ際には、自作パソコンとプレビルドパソコンの選択肢がありますが、どちらにも独特の利点が存在します。

自作パソコンの最大の魅力は柔軟性にあります。

必要なパーツを個別に選び、自分のニーズに合わせたマシンを構築できるため、ゲームの実況に必要なパフォーマンスを細かくチューニングすることが可能です。

一方で、プレビルドパソコンは利便性が強みです。

プロフェッショナルによって最適なパーツが選定され、組み立てられていることから、セットアップが簡単であり、初心者の方でも戸惑うことなく利用を始めることができます。

コストの観点から見ると、自作パソコンは中長期的に見れば拡張性が高く、将来的なアップグレードを想定している場合には最良の選択となるでしょう。

しかしながら、組み立てには時間と技術が必要であり、部品の相性問題や初期不良への対応を自身で行う必要が出てきます。

これに対しプレビルドパソコンは、アフターサポートが整っており、万が一のトラブル時もメーカーのサポートを受けられるため安心です。

ゲーム実況用パソコンのカスタマイズ性を考えた場合、自作パソコンはオーバークロックの設定や冷却システムのカスタマイズなど、高度なカスタマイズが可能です。

一方、プレビルドパソコンは基本設計に制約があるものの、メーカーが提供するカスタマイズオプションを通じて必要なスペックに調整ができます。

これらの特性を踏まえ、実況におけるパフォーマンス、コスト、利便性、サポート体制など、皆さんのゲーム実況に求める条件に合わせた選択をすることが大切です。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、自身の状況や実況スタイルを考慮して、最適なパソコン環境の構築を目指しましょう。

カスタマイズの自由度とアップグレードのポイント

ゲーム実況用パソコンのカスタマイズでは、将来的なアップグレードを見越した選択が重要です。

昨今の高いリフレッシュレートを求められるゲームに対応するため、グラフィックカードは最新のものを選びますが、この時点で互換性のあるマザーボードを選択することが後のアップグレードを効率的にする鍵になります。

次に、プロセッサーですが、多くのゲームや配信ソフトウェアがマルチコアに対応しているため、高いスレッド数を有するCPUを選ぶことで、スムーズなゲームプレイと高品質な配信が両立できるでしょう。

メモリについては、最低でも16GBを備えることをおすすめします。

しかし、バックグラウンドで複数アプリケーションを同時に動かすゲーム実況では、32GBやそれ以上の容量が望まれます。

ストレージに関しては、OSや頻繁に使用するゲームはSSDにインストールすることで高速な読み書き速度を確保し、録画した映像ファイルなどはHDDに保存することでコストパフォーマンスと大容量を両立させます。

最後に電源ユニットは、将来的にグラフィックカードや他のコンポーネントをグレードアップする可能性を考慮し、余裕を持ったワット数を選ぶことが重要です。

安定した電力供給はシステムの安定性を保つためにも不可欠であり、高効率のものを選ぶことで電気代の節約にも繋がります。

ゲーム実況用パソコンをカスタマイズする際は、先を見据えた適切な選択が長期的に見てもコスパとパフォーマンスのバランスを保つためには欠かせない要素となっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次